WordPressブログのスパム対策「Invisible reCaptcha」の使い方と設定方法

https://kakkokari.net/wp-content/uploads/2019/09/hu01.jpg
青山ポン太

「Akismet」から「reCAPTCHA」に乗り換えてみました

今まではスパム対策のプラグインとして定番だった「Akismet Anti-Spam」を使っていました。

でもこれからブログを始める場合、無料版の「Akismet」と比べると「Invisible reCaptcha」の方が登録も簡単ですし、ログイン画面の保護もできるので機能も上です。

昔はWordPressでブログを作ったら「Akismet」を入れとこうって感じだったのが、今はとりあえず「Invisible reCaptcha」を導入しとけばOKって感じに変わっちゃいました。

ここではGoogleの「reCAPTCHA v3」の導入方法と、WordPressで使用するためのプラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」の設定方法を紹介していきます。

Google reCAPTCHAを導入する

.「reCAPTCHA」のサイトに行き「Admin console」ボタンを押して、Googleアカウントでログインします。

※Googleアカウントを持っていなければ、最初に作成してください。

reCAPTCHAの導入

.次のような登録画面が出るので、各項目を記載していきます。

reCAPTCHAの導入

【ラベル】

自分のブログの名前を入力します。


【reCAPTCHA タイプ】

reCAPTCHA v3を選択します。


【ドメイン】

ブログのドメイン名を入力します。当ブログで言えば「kakkokari.net」


.「reCAPTCHA 利用条件に同意する」にチェックを入れ「送信」ボタンをクリックします。

reCAPTCHAの導入

※「アラートをオーナーに送信する」はサイトで問題が生じたときに通知を受け取るかどうかです。僕はチェックを入れています。


.サイトキーとシークレットキーが発行されるので、ページをそのままにしといて別タブでWordPressの管理画面に移動します。

reCAPTCHAの導入
https://kakkokari.net/wp-content/uploads/2019/09/hu01.jpg
青山ポン太

発行されたキーは、プラグインの設定でコピペするから閉じないようにね

Invisible reCaptcha for WordPressのインストールと設定方法

.まずWordPressの管理画面から「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

プラグインのインストール

.右上の検索窓に「Invisible reCaptcha for WordPress」の文字をコピー&ペーストします。

プラグインのインストール

.Invisible reCaptcha for WordPressのプラグインが検索されるので「今すぐインストール」をクリックします。

プラグインのインストール

.インストールが完了したら「有効化」をクリックします。

プラグインのインストール

.「設定」>「Invisible reCaptcha」をクリックします。

Invisible reCaptchaの設定

.Invisible reCaptchaの各項目を設定していきます。

Invisible reCaptchaの設定

【Your Site Key】

先ほど取得したサイトキーをコピーして貼り付けます。


【Your Secret Key】

先ほど取得したシークレットキーをコピーして貼り付けます。


【Language】

言語選択です。「Japanese」を選択します。


【Badge Position】

「Bottom Right」は右下にreCaptchaのバッジが表示されます。

「Bottom Left」は左下にreCaptchaのバッジが表示されます。

「Inline」はインラインに埋め込みます。


【Badge Custom CSS】

バッジの位置などをスタイルシートで調節したい場合に入力してください。

https://kakkokari.net/wp-content/uploads/2019/09/hu01.jpg
青山ポン太

Bottom表示はスマホだと邪魔になるので、僕は「Inline」を選択しています

必要事項を入力&選択したら「変更を保存」ボタンを押します。


.次に「WordPress」のタブをクリックします。

Invisible reCaptchaの設定

.チェック項目があるので全てにチェックを入れていきます。

Invisible reCaptchaの設定
Enable Login Form Protection ログインフォーム
Enable Registration Form Protection 登録フォーム
Enable Comments Form Protection コメントフォーム
Enable Forgot Password Form Protection パスワードフォーム

全てチェックを入れたら「変更を保存」ボタンを押します。


.お問合せフォームとして「Contact Form」のプラグインを使用しているなら、「Enable Protection for Contact Form 7」にもチェックを入れておきます。

Invisible reCaptchaの設定

設定が終わってWordPressの管理画面に戻ってみると、ちゃんとreCaptchaのバッジが表示されていました。

reCaptchaのバッジ表示

お問合せフォームにもバッジが表示されていました。

reCaptchaのバッジ表示

最後に

Googleアカウントさえ持っているのであれば、Akismetよりも楽に設定できて強力なスパム対策が可能になります。

もし導入前に「Akismet Anti-Spam」を使用していたのであれば、競合しないように削除しておいてください。

https://kakkokari.net/wp-content/uploads/2019/09/hu01.jpg
青山ポン太

WordPressを導入したら、とりあえずスパム対策は必須!