WordPressの練習に最適!「Local by Flywheel 」でローカル環境を作ろう

https://kakkokari.net/wp-content/uploads/2019/09/hu01.jpg
青山ポン太

ローカル環境なら失敗しても怖くない!

サーバーを借りずに試しにWordPressを使ってみたいって方や、デザインを自分で調整したけど本番環境でやるのは不安だという方。

パソコンさえあれば「Local by Flywheel」 という無料で使えるソフトで簡単にWordPress専用の練習環境(ローカル環境)を作ることができます。

僕も新しくブログを作るときは、まずローカル環境で練習(テーマのデザイン調整や表示のされ方の確認)をしてから始めるようにしています。

ここでは「Local by Flywheel」のインストール方法と、ローカル環境を作るまでの手順を紹介していきます。

Local by Flywheel のインストール方法

.まず「Local by Flywheel」公式サイトにアクセスして、「FREE DOWNLOAD」をクリックします。

Local by Flywheelの
インストール

.自分にPC環境に合わせて「Mac」「Windows」「Linux」を選びます。

Local by Flywheelの
インストール
https://kakkokari.net/wp-content/uploads/2019/09/hu01.jpg
青山ポン太

僕はWindowsのPCなので「Windows」を選択したよ


.以下の項目を入力します。有料版を使う気がないのであれば、わりと適当で大丈夫です。

Local by Flywheelの
インストール

【First Name】

名前(例:太郎)


【Last Name】

苗字(例:山田)


【Work Email】

お知らせメールが届くので、フリーのメアド(YahooやGmailなど)を使うことをお勧めします。


【Phone Number】

適当な番号で大丈夫です。

全て記入したら「GET IN NOW!」を押します。


.以下のような画面が表示されるので「click here」をクリックして、インストール用ファイルをダウンロードします。

Local by Flywheelの
インストール

.ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストールオプションが表示されるので、好きな方を選んで「次へ」を押します。

Local by Flywheelの
インストール

.インストールするフォルダを決めて「インストール」ボタンをクリックします。

Local by Flywheelの
インストール

.次のように表示されたら、これでインストールは完了です。

Local by Flywheelの
インストール

※途中で「turn on error Reporting」というのが表示されます。これはエラーレポートを送信するかどうかなので、送信しないのであれば「いいえ」をクリックすればOKです。

turn on error Reportingが表示された場合

Local by Flywheel でWordPressのローカル環境を作る方法

.インストールした「Local(Local by Flywheel)」をダブルクリックして起動します。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

.簡単な説明が表示されるので「」を押します。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

.真ん中の「CREATE A NEW SITE」をクリックします。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

.テスト用に作るWordPressサイトの名前(半角英数字)を決めて「CONTINUE」を押します。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

.Setup WprdPressという画面が表示されるので、練習用に作るWordPressのユーザーネームパスワードを決めて「ADD SITE」ボタンをクリックします。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

これだけで練習用のWordPressサイトが完成しますVIEW SITE」のボタンを押すことで現状の練習用ブログを見ることができます。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

.右上が「STOP SITE」になっていれば、ローカル環境が起動中。「STAT SITE」になってれば起動していない状態です。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

ここはクリックすることで自由に切り替えることができます。


.右上が「STOP SITE」になっている状態で「ADMIN」ボタンをクリックします。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

.WordPressのログイン画面が出てくるので、先ほど決めたユーザーネームとパスワードでログインします。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

10.ログインすると全て英語になっているので、日本語に変換します。

「Setting」>「General」を選択してください。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

11.「Site Language」の項目から「日本語」を選択して、一番下の「Save Changes」ボタンを押します。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

これでWordPressが日本語に変わります。

Local by Flywheelでローカル環境を作る

あとは好きなテーマをインストールして、デザインを調整したり、記事を投稿してみたりして自由に練習することができます。

テーマ設定
https://kakkokari.net/wp-content/uploads/2019/09/hu01.jpg
青山ポン太

本番環境じゃないから、テーマのカスタマイズとか安心して色々と試せる!

最後に

僕は適当に2記事くらい入れてみて、導入するテーマのデザインと表示の確認用に使っています。

本番は本番として借りているサーバーで記事を書いているので、下書き用としての記事の投稿はしていません。

もしローカルで作った環境を、そのまま本番環境に移行して運営したいという場合は、以下のブログの記事が参考になると思います。

参考 【完全解説】wordpressをローカル環境から本番環境に移行する方法となりのまゆこ
https://kakkokari.net/wp-content/uploads/2019/09/hu01.jpg
青山ポン太

「これからWordPressを始めてみようかな?」という方も、サーバーを借りずにどんな感じなのか試せるのでオススメだよ